ノウハウ

テレワークを、女性のイキイキき働く場にしよう

テレワークは、直訳すれば、在宅勤務です。人生の節目節目に、ともするとスキルダウンにつながる長期の休暇が必要になりがちな女性にとって、テレワークは、自分の今の立場を維持するにおいて必要な働き方の一つかもしれません。

出産、子育て

例えば、出産。産休は働く者の権利として認められていますが、育休までになると給与がストップしてしまう場合がありますね。少子高齢化の時代ですが、保育園も待機児童問題で必ずしも預けられることが約束されているわけではありません。結局、保育園が決まらず、無給の育休を続けている間に、第二子第三子の妊娠出産の可能性もあるわけです。

会社の仕事の内容は日々新しくなります。育休しているうちに自分の持っているスキルがさび付いてしまうことがあります。
また、「子どもがいるから」という理由で、バリバリ働けた部署から、比較的閑な部署に異動にもなりがちですね。

男女共同参画社会になったとはいえ、まだまだ会社は男社会です。男性が育休を取るシステムになったといえど、実際に取っているかというとまだまだ少数です。

だから、スキルをさび付かせない。社会から孤立しない。新しいスキルを自分で開拓していく。さらに、子育てもできる(保育園に預けても、急な発熱や怪我で呼び出されるのは、基本母親です)環境の中で、テレワークをすること
子育てに目途がついたら、職場に復職することも可能ですし、テレワークのモデルケースとして在宅で働き続けることもできます。

また、テレワークで培った新しいスキルを持っての転職も十分可能です。
テレワークには、様々な利点と、可能性があるのです。
子育てだけでなく、介護の問題もありますね。
それこそ少子高齢化。一人っ子で、親(特に片親になってる場合)の介護をしなければならない場合もあります。

介護

産休の制度はあっても、介護休暇を認めてる会社はまだ少ないので、あなたが会社のパオイオニアになることで、介護時にもテレワークを活用することが出来ます。
ともすると、介護離職になりますよね。すると自分も歳をとっていくわけですし、転職するにしても、自分のスキルも古くなります。会社からも社会からも、隔離された状態になり経済的に立ち行かなくなる日もくるので、介護離職だけは避けてもらいたい一つです。

実は介護と、テレワークはとても相性がいいのです。介護度が重度になればなるほど、施設などの専門家に託すことができます。
在宅勤務で介護が必要なのは、支援1・2や介護1・2までの認定の時です。介護保険の運営の仕方が、2020年度からまた変更になり、介護3以上が国の管轄でケアが受けられますが、それより下は、市町村などの自治体によってシステムが違うのです。
よくドラマなどで見る、自分が食事をしたことを忘れたり、徘徊で行方不明になる状態は、往々にして介護3以上です

介護2以下は、決まった日にデイサービスが利用できますから、その時間帯は、仕事に専念することができますし、会社に打ち合わせに出向くこともできます。(自治体によって違いますが)ショートステイというお泊りが何日かとれたら、もう仕事をしたいだけしてください。もちろん、自分の身体、介護の疲労を取ることに当てても、テレワークのノルマさえこなしておけば可能です。気分転換と体調の自己管理もまたテレワークの仕事の一つです。

では、在宅介護にテレワークがなぜ必要なのか。
介護2以下は、買い物や食事の支度などちょっとした家事ができなくなる過渡期です。もちろんヘルパーさんに入ってもらうことも可能です。でも、それを嫌がるお年寄りの方が多いのです。お掃除援助でヘルパーさんが入ってくれているのに、汚い家を見せたくないと、朝早くからお掃除しているお年寄りもいます。逆にヘルパーさんのお掃除が気に食わないと、その後掃除をし直す方もいます。つまり心が、今までの健康な親の状態ではなくなっているのです。

娘だからこそ、昔話をしたり、食事を共にしたりできることがあります。入浴時の見守りもできますよね。シャンプーや身体を洗うことのお手伝いもできますよね(ヘルパーさんは、感染症予防のために、使い捨て手袋を使用するので、それが入浴介助として嫌だと言われる方は多いです)。

また、病院への付き添い。お薬だけ取りに行くなど、出掛ける介護案件もあります。勤務していると、毎月数件(この通院の数は確実に多くなります)の時間給を定期的に取らねばならず、会社に居づらくなります。

テレワークならば、時間の使い方は自由ですから、親の状態によって柔軟に寄り添うことができます。
いつの日か、親を介護のプロに丸ごと委ねる日がくるか、介護そのものが終わる日がきたら、
子育てと同じく、会社に復帰してもいいでしょうし、テレワークを続けてもいい。また、違う生き方が待っているかもしれない。
子育ても介護も、体験していると、自分の人生にとっての強みになります。

ただ、デメリットもなくはありません。
一日は24時間しかありません。その中で、テレワークを行うONとOFFをきちんと決めないと、いつでも仕事ができるという過信が出てきます。
テレワークの仕事の仕方としてベストなのは、今今できることは、今絶対やるということです。

子どもが寝たら、親が昼寝したら…自分も眠くなって寝てしまうかもしれませんよね。夜みんなが寝静まったら…あなたの睡眠時間はどこでとるのでしょうか。睡眠時間を確保しておかないと、体内時計が狂いだして、精神状態も身体状況もおかしくなります。
子育てや介護を行うために、テレワークしているのに、自分の身体を壊して、自分が通院していたら本末転倒ですよね。
子供や親の要望にはフラットに対応しながら、一日のスケジュールの中にテレワークする時間をプログラムすることが肝心です。

できれば、会社に要望してほしいのは、一日の作業日報を受け取ってチェックしてもらうことです。そうすれば、ここは働きすぎといった指摘など労働環境を可視化してもらうことが出来るからです。
男性は、テレワークしても、独身独居出ない限り、配偶者や親に家事をしてもらって「自分は仕事してるから」と逃げることができます。

しかし、女性は家にいると、テレワークという職業が間違いないなくあるのに、配偶者の理解が得られなかったり、近所の方々に「専業主婦」のように扱われることもあります。本当にメンタルが強くないとやっていけない時もあるでしょう。
それほど、テレワークは、新しい働き方で、逆に理解しろと言う方が難しい働き方かもしれません。でも、必ず、この先の未来で主流になる働き方です。

常駐かテレワークか

これからの会社は、常駐勤務とテレワーク、どちらかを選べるようになるはずです。それが時代のニーズと言うものかもしれません。
テレワークは、ほとほと困った時は、会社に相談することができます。誰かに仕事を変わってもらうこともありです。

だから、テレワークは、一人ぽっちの仕事ではないのです。会社と言う、あなたを支えてくれるチームがいるのです。自分だけ子育てのため、介護のため、通勤時間もなく、働く時間も自由だからと遠慮する必要はありません。

テレワークするからこそ、女性の視点で新たな仕事を開拓することができるのです。そして、会社には行政から補助金も出ます。ある意味、会社にとってはメリットばかりと言えます。あなたは、堂々とテレワークしながら、人生をも構築してください。

-ノウハウ
-, , ,

Copyright© Telework Labo テレワークラボ , 2021 All Rights Reserved.