コワーキングスペース

テレワークに最適な東京のコワーキングスペースはどこ?

一昔前は、大企業に就職し、社内で昇進をすることが生涯安泰の道でした。
しかし、景気の悪化や老後2000万円問題などが浮上した今、フリーランスなど個人で仕事をしている人が増えたり、テレワークをする人が増えたりしています。

そのような人の中には、「集中して働ける場所」を探している人も多くいます。
そこで、この記事では、テレワークに最適な東京のコワーキングスペースをいくつか紹介していきます。

コワーキングスペースって何?

そもそもコワーキングスペースというのは、「共同で作業をする場所」のことを指します。
つまり、自分だけのオフィスを持つのではなく、見ず知らずの人と作業する場所を共有するということです。

コワーキングスペースを利用することで、全く知らない人と出会うことができるため、リフレッシュをすることもできますし、新しいビジネスパートナーと出会える可能性もあるのです。
中には、「カフェでいいじゃん」と思う人がいるかもしれませんが、コワーキングスペースには、

・コピー機
・貸会議室

などが設けられていることもあり、カフェよりもビジネス的側面が強くなるのです。

コワーキングスペースと似ている施設との違いは?

コワーキングスペースと似たようなサービスを提供している施設もあります。
もしかしたら、それらの施設を混同してしまっている人もいると思いますので、詳しく解説していきます。

シェアオフィス

まずはシェアオフィスです。
シェアオフィスの目的や、設備などはコワーキングスペースと似ていますが、圧倒的に違う箇所がいくつかあります。

まずは、登記です。
シェアオフィスを自分の仕事場として登記することができるため、フリーランスや小規模なベンチャー企業が利用する場合が多いです。
続いては、個室空間です。
シェアオフィスの場合は、個室が用意されていることがあるため、より集中して作業をすることが可能となるのです。

レンタルオフィス

続いてはレンタルオフィスです。
レンタルオフィスも、コワーキングスペースやシェアオフィスと似ている部分が多いのですが、個室が合ったり、部屋の施錠が可能だったりと、より自分だけの空間を作り上げることができるのです。

コワーキングスペースはたくさんある?選ぶポイントは?

現段階で、
「フリーランスとして小さくビジネスを展開している」
「登記は自宅で行っている」
「そこまで本格的なオフィスはいらない」
と思っている場合には、コワーキングスペースを利用してみることがおすすめです。

しかし、コワーキングスペースは、様々な会社が提供しているため、選ぶのに時間がかかってしまう場合もあります。
そこで、コワーキングスペースのおすすめの選び方について、詳しく解説していきます。

料金

まずは料金です。
コワーキングスペースには、

・月額制
・一時利用

という2種類の料金プランが用意されています。

月額制の場合は、月額を払ってしまえば、1か月使い放題となる場合が多く、混雑していても席を探す必要がないということが特徴的です。
一時利用の場合は、利用するたびに料金を支払う必要があります。
利用頻度が少ない人や利用時間が短い人などに非常におすすめのプランです。

設備

先ほど、コワーキングスペースにはビジネスで使える設備が充実していると解説しました。
しかし、コワーキングスペースによって、用意されている設備が異なります。
そのため、自分が利用を検討しているコワーキングスペースにどのような設備があるのかを事前に調べておくことが大切です。

もし、ネットなどで検索しても解説されていないようであれば、一度一時利用として使ってみて、そのコワーキングスペースの雰囲気や設備などを下見してみることもおすすめです。

東京でおすすめのコワーキングスペースはどこ?

では、東京でおすすめのコワーキングスペースは一体どこなのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

新宿周辺

新宿周辺でおすすめなのは、HAPON新宿というコワーキングスペースです。
このコワーキングスペースは、プライベート空間を重視した個室も用意されていますし、日本列島をモチーフにしたテーブルが置かれている開放的な空間もあります。
仕事をする空間や、雰囲気を大事にしたいという人には非常におすすめのコワーキングスペースです。

渋谷周辺

渋谷周辺であれば、co-ba shibuyaというコワーキングスペースがおすすめです。
このコワーキングスペースは、ツクルバと会社が経営していて、会員制となります。

また、このコワーキングスペースを利用しているのは、若手起業家やデザイナー、エンジニアなどのクリエイティブな仕事をしている人が多いです。
また、全国に15個の拠点を持っているため、比較的規模も大きく安心して使えるコワーキングスペースとなっています。

銀座周辺

銀座周辺のコワーキングスペースであれば、センク霞が関がおすすめです。
このコワーキングスペースは、日本土地建物株式会社が経営しており、

・ベンチャー企業経営者(社員)
・大企業社員
・官公庁

など、様々な人達が利用しています。
そのため、こちらのコワーキングスペースを利用することで、新たなビジネスをするきっかけとなる場合もあるでしょう。

池袋周辺

池袋周辺のコワーキングスペースでは、パセラのコワーク池袋店がおすすめです。
このコワーキングスペースは、

・フリースペース
・会話NG半個室スペース
・完全個室のミーティングスペース

の3つに分かれているため、自分の目的に合わせて利用することが可能です。
また、500円で食べられるランチメニューも用意されているため、お手頃で快適な空間となるでしょう。

原宿周辺

原宿周辺のコワーキングスペースでは、コロモザというコワーキングスペースがおすすめです。
このコワーキングスペースの最大の特徴は、ファッション関連に特化しているということです。
服を作るための道具であれば全て揃っているため、服好きやファッション系のビジネスをしている人にとっては、まさに天国とも言える空間になることでしょう。

また、同じ趣味、仕事の人と知り合うこともできるため、新しいビジネスチャンスを獲得できる可能性にも期待が持てるのです。

表参道周辺

表参道の周辺では、HarborS表参道がおすすめです。
このコワーキングスペースは、ソフトウェアの開発に特化しているため、IT関連の経営者やエンジニアなどが会員となっています。

また、テラス席も用意されていて、晴れている日には景色を堪能しながら仕事をすることができるのです。
パソコンを使って仕事をしていると、どうしても目や脳が疲れてしまいます。
そのような疲れを癒し、ストレスフリーで仕事ができるのが、このHarborS表参道なのです。

まとめ

コワーキングスペースというのは、フリーランス増加、テレワーカー増加に伴い、徐々に人気を集めてきています。
コワーキングスペースを利用することで、自宅や社内では感じることのできない解放感の下、仕事をすることができるのです

ただ、全国にコワーキングスペースはたくさんありますので、自分に最適なコワーキングスペースを見つけることが大事になってきます。
そのためには、料金や設備を比較検討する必要が出てきます。
東京周辺でコワーキングスペースを探しているのであれば、是非今回紹介した施設を使ってみてはいかがでしょうか。

-コワーキングスペース
-, , ,

Copyright© Telework Labo テレワークラボ , 2021 All Rights Reserved.