ノウハウ

お父さんもお母さんもテレワークで、小さい子供のいる場合の分担方法

子育てモデルの一環としてなど、夫婦で「テレワーク」勤務になるチャンスが、今後増えてきます。

女性の立ち位置

女性は、結婚しても第一線で働いていて、妊娠をきっかけにして、産休育休後会社で閑職に回されることが現実問題として多いです。子育てで、保育園に定時に迎えに行かなければならないと残業は出来ません。

また子供の発熱や怪我などもいつ起こるかわからず、その度に、会議を欠席する。そういった理由で、大事な仕事を任せられない。あるいは、できないと判断されるからです。

でも、どうでしょう。妊娠までは、誰よりも優秀だった女性を、閑職に回し、ひいては、あまりに仕事内容が自分の能力に合わないと退職されてしまったら、会社にとっては大きな損失ではないでしょうか。

テレワークで、新しい働き方

そんな時に、夫婦で「テレワーク」に踏み切らせることで、確実で有能な仕事を、二人で切磋琢磨して行う。さらに、二人の子どもである赤ちゃんを育て上げることもシェアできるのではないでしょうか。

これは、女性だけではダメです。どんなに物分かりのいい男性でも、赤ちゃんのおむつ、特に大の方は「ママのお仕事ですね」と、育メンですと言いながらも出来ない人が多いからです。赤ちゃんができると、パパになったはずの男性も赤ちゃん還りしてしまい、妻にいろんな世話を要求することが多くなります。

そもそも、自分の給料だけでやっていけるはずなのに、妻は子供を保育園に預けて、仕事を「しかも自宅で」やっている。それはおかしいんじゃないかというのが、男性脳です。

では、本当に、妻が子育てのために仕事を辞めたら、今までできたいろんなことがたちまちできなくなります。妻の心も「赤ちゃんができたために仕事を辞めさせられた」「養ってやっているって毎日言うけど、パワハラなのか」そんな思いが日々こみ上げてくるでしょう。

第一線で働いてきた女性だからこそ、毎日ぐちぐちと小言をいうわけではありません。むしろ余裕の笑顔で迎えるはずです。でも、ある日プツっと切れます。

かなり有能な女性は、出産前と同じレベルの職場で働くことが「ほんの一握り」います。けれど、だいたいはどんな有名な大学を出ていても、時給の低いパートで働くことになります。

それを避けたいがために、仮面夫婦でいるのかも、実はありますよ。

夫婦で営む小さな会社のはじまり

だからこそ、夫婦で「テレワーク」なのです。

例えば、曜日や時間を決めて、お互いの仕事時間を確保します。テレビ会議が入ったら、どちらかが赤ちゃんや子供を連れて散歩に出ます。それは、お互いの仕事に関するマナーです。

同じような部署ですと、最小単位の夫婦二人と言う同僚で、ミニ会議を子供が寝てから持つことが出来ます。

もちろん、昼間の子育ては、保育園に預けて、夫婦二人と言うミニ会社システムを構築してもいいかもしれません。

1人の考えは1人の考えの分の奥行しかありません。でも、1+1は、必ずしも2ではないのです。仕事のアイディアがディスカッションすることによって広がっていきます。

その成果を持って、どちらかが直接会社に出向き、プレゼンすることもできます。それによって、会社の利益にもつながります。

ただ、各々がテレワークする場所(ゾーン)は、わけてください。お互いの仕事を尊重するためです。そして、会議以外は相手の仕事に口出しはしないこと。それぞれの仕事を精一杯するということです。

仕事をしている時に、夫婦間の問題を持ち込まないことはもちろんです。

お互いの仕事はイーブン

仮に、保育園に預けた子供にアクシデントがあっても、曜日や内容により、対応する役目も決めてください。場合によっては大事になって夫婦二人で向かわなければならない事もあります。

往々にして、「ママお願い!」になってしまいがちですが、一度決めた我が家の規則(スケジュール)を曲げてはなりません。

保育園にも、2人とも在宅ですが「テレワーク」をしているということは、しっかり伝えてください。アクシデントの時に、会社から飛んでくる親よりは到着が速い程度に思ってくださいと覚悟のほどをお伝えください。

親の背を見て子は育つ

お迎えから帰っても、どちらかの仕事が残業になってしまっている場合もあります。

その時にはじめて、子供は、パパもママも家にいるけど、なにかお仕事をしているんだと、デスクに向かっている背中で理解するようになります。というか、理解できない子供は、正直、教育の仕方が悪いのです。

そこは、同僚としてではなく、夫婦として深い話し合いが必要です。そうやって、大人になってから自分もするであろう仕事について、子供に学ばせていってください。

家事に関しては、やはり女性が頼られる、やるものだと思われがちですが、それは否定して、行わないでください。

同じ条件の元、同じ家の中で仕事をしているんです。男だからやらなくていい、女だから家のことをすべきと言う考え方は捨ててください。

仕事のローテションと同じように、何曜日は夫が食事作り何曜日は妻と言うシェアの仕方でもいいです。あるいは、夫は掃除(特にお風呂掃除)が上手だから担当。妻は洗濯をする。畳み方が夫の方がプロ並みなら、取り込むかでは妻がしてあとは収納まで夫がしましょう。

やらなければならない家事を、一覧に書き出してみる。家事自体の内容の重軽感はあると思いますが、担当は同じ数になるだけ分けてください。

もちろん、善意でお手伝いするのは可です。そのお手伝いが当たり前にならないように、自分の負担にならないように、上手に緩急つけてください。

得意分野をシェアしよう

家事上手は、必ずしも妻ばかりではありません。女性でも、お米一つ磨げない人もいますし、男性でもお店で出るようなフランス料理のコースメニューを家庭のキッチンで作り上げてしまう人もいます。得手不得手の問題とも、育ってきた環境が違うと言うことです。

家事は、誰かがしなければならないことではなくって、義務的ではなくどちらかできる人がすればいいのです。女だから男だからという考え方はナンセンスです。

また、家事をシェアする両親の姿を見て、子供も、家事は男女差ではなく、人間として行うべきものなのだなと言うことを学ぶと思います。子供が成長して、家事に参加できるようになったら、夫婦の負担は減りますし、子供が頼もしくなったという思いがわき上がるでしょう。

子ども自身にも、自分でできることは自分でさせる習慣をつけさせてください。子供は、そのような両親に育てられた時、お友達よりも早く自立します。

子供が愛されてると言う空間作り

ただ、忘れてならないのは、両親はいつも仕事をしていて、自分は不要な人間なのかもしれないと思わせないようにしてください。例えば、料理をどちらが作るかで揉めていると、子供は自分がいなければ、この人たちは好きな時間に好きなものを食べるんじゃないかと遠慮します。

子供にこのような思いをさせるのならば、今日の当番がどちらであっても、外食にパーッと出てしまって、親子でニコニコして食べる方が問題ないです。

仕事も生きていく上で、とても重要なことです。でも、仕事の代わりはいます。会社は、あなた一人がいなくなっても存続することでしょう。

しかし、子供にとってのパパやママは、2人だけなのだから、仕事を理由に子供に我慢を強いるのは避けましょう。

そして、一日に、何回でも、ハグをしてあげましょう。子供が大きくなって「やめてくれないかな~」と言い出すまでハグは続けましょう。家族で「押しくらまんじゅう状態」でハグをしてもいいかもしれません。

選ばれた人にしかできない、テレワーク

夫婦で「テレワーク」は、選ばれた人財でなければこなすことが出来ません。同じ会社で選抜されても、違う会社でたまたま「テレワーク」候補として同時に選ばれたとしても、これからのビジネスモデルになるはずです。

そして、働く親の背中の新しい姿になるはずです。

2人で話し合いながら、日々を楽しく進めて行ってください。

-ノウハウ
-, ,

Copyright© Telework Labo テレワークラボ , 2021 All Rights Reserved.