ツール

テレワークにお勧めの『椅子』6選

テレワークを健康の観点から見ると運動不足になりがち。電車に乗らない、他の部署に行かない、取引先まで移動しない等。

会社の仕事や自宅の雑事はこなしても圧倒的に椅子に座っている時間が多くなります。
最近は犬を連れての散歩やジョギングもなかなかやりにくい状態です。

そこで大事なのは椅子。体に合っていない椅子を使っていると腰や肩、背中等に負担がかかり業務の遂行に支障が生じます。もちろん、作業しやすい椅子であることは必須条件。
椅子で運動不足解消はできませんが、体調管理をする上で長時間使用する椅子選びは大切になってきます。

椅子選びのメリット

仕事の効率化に寄与

正しい姿勢を維持できる椅子は長時間の作業が可能で常に一定のパフォーマンスが発揮できます。これは仕事の効率化に大きく影響します。

健康維持への寄与

体に合わない椅子での作業は長時間使用するほど体に負担がかかってきます。
腰痛や肩こり、血行不良による冷えの悩みは深刻。

座り方にも原因はありますが、根本は体に合わない椅子を使っているため。これを改善するには自分に合った椅子を選ぶ必要があります

椅子選びのポイント

机(デスク)の高さ

足が床から完全に浮く(離れる)ほど高い座面は、太ももの血行を悪くする恐れがあり、お勧めできません。
椅子に深く座っても踵(かかと)が浮いてしまわない高さが良いとされています。椅子は高さ調節できるものが多数であり、クッションや座布団の併用等での対応もできます。

椅子選びの際は椅子とペアになる机(デスク)の高さも考えましょう。机が高すぎたり低すぎりしても健康的な問題が生じます。基本的に(机に合わせた椅子ではなく)椅子に合わせて机を選ぶのがベターです。

ひじ掛け背もたれ

ひじ掛けは、肩への負担を軽減します。両腕にかかる負担をひじ掛で分散するわけで、肩や腰にかかる負担を軽くしてくれます。座り心地を左右する背もたれ。椅子の中でも重要な部分です。背中や肩の筋肉の活動を軽減してくれます。仕事の合間に体を休ませるのにも背もたれは有効です。

クッション性

腰痛や肩こりが酷い人、疲れない(体に負担をかけない)ように仕事をしたい人は椅子に付属したクッションも大切です。
体の部位ごとにクッションが配置されているかはもちろん、硬さも重要になります。

クッションがあっても「柔らかすぎて姿勢が安定しない」「クッションがへたり底付き感がある」等の不満も多いようです。体圧を上手く分散でき、適度なクッション性を持つものを選びましょう。

背もたれやひじ掛けは良いが座り心地が・・そんな時はクッションだけを別に購入して使うのも良いでしょう。
冷え性、寒がりの人は寒い時期には必須でしょうし、お尻や骨盤の形に合わせて変形する低反発のウレタンフォームのクッションは「長時間同じ姿勢でいても疲れない」とテレワーカーには評判です。

腰痛持ちの人向けの低反発クッションが販売されています。
ベストな椅子が望ましいですが、予算や作りにより難しい場合は不満な部分を補助するクッション等でカバーしましょう。

人気(売れている)椅子

評価・人気の高い椅子を集めてみました。椅子選びの参考にしてください。

オフィスチェア シルフィー

特徴:背中の形状に合わせ「手を添えて包み込まれるような優しい座り心地」を実現した椅子。

「背もたれのカーブ」「有機的なフレーム」「座面のゆるやかなカーブ」が作業を快適にします。

アーロンチェア リマスタード

特徴:デザインが秀逸。お洒落なオフィス・作業部屋にピッタリです。

作業シーンに合わせて細かく調整できる機能、腰にかかる負担軽減、熱をこもらせないメッシュ張り地。健康的で快適な座り心地を備えた椅子です。

アーム可動式のオフィスチェア メッシュタイプ F102_G1129

特徴:価格に対してコストパフォーマンスが高いとの評価が見られる椅子です。

「座面が広い」「ガタつきがない」「ヘッドレストは快適度がアップする」等、高評価。背面のメッシュ生地もこれからの季節は涼しく作業できそうです。

Ticova オフィスチェア

特徴:細部まで調整可能。

「ランバーサポートの前後」「上下調節」「ヘッドレストの上下・角度調節」「アームレストの上下調節」「リクライニング調節「座面の昇降」等、作業を快適・健康的にできます。
「アームレストが机とフラットになるのでかなり楽になれます」「疲れにくくしっかりしていて安定しています」との高評価レビューも多々見られる椅子です。

ロッキングチェア

特徴:「テレワークに最適」を謳うだけあり豊富な機能・装備を搭載したロッキングチェアです。

ランバーサポート、ガス圧昇降、収納式オットマン等、座る人の「使いやすさ」に配慮しています。興味がある人は、ホームページにて動画閲覧、チャットでの質問(自動応答)が可能です。

ing

特徴:発売されたばかりのコクヨファニチャーの新シリーズ「ing(イング)」。

背もたれが広く、ヘッドレスト付きタイプの椅子です。ingシリーズは座面が360度グラインドする機能を持っています(説明が難しいですが、体を傾けると座面がどの方向にも傾く機能です)。

開発されたコンセプトが「座りながらにして運動する」というもの。
さすがに椅子ですから「運動」にまではならないような気がしますが、体を動かすことは血流の流れを良くして疲労が軽減されます。もちろん椅子としての作りは問題ありません。

仕事は健康から、最適なテレワークは椅子選びから

テレワークで腰痛や背中の痛み、体の調子が悪くて良い仕事ができるはずはありません。
快適に仕事に取り組むには体(健康)を考えた椅子を選ぶ必要があります。これから湿気の多い梅雨、暑い夏に向かいます。
湿気と暑さ対策も考えた椅子選びを行ないましょう。

-ツール
-, ,

Copyright© Telework Labo テレワークラボ , 2020 All Rights Reserved.